査定に出す不動産業者の選び方

マンションを査定に出す不動産業者を選ぶ際には必ず3〜4社にお願いする事が重要です。一社だけですとその査定が正しいのか分かりませんし、2社だけですと不動産業者は同じ地域ですとライバル同士であると同時に意外と横の繋がりがある場合がありますので、情報が筒抜けになる可能性もあります。
それらの事も踏まえて査定には少なくても3社にお願いする事が望ましいでしょう。ただここで気をつけて貰いたいのが単純にとにかく高く査定してもらえれば良いという訳ではありません。査定はあくまで売りに出す販売価格の基準になるだけですし、高く売りに出してもらっても購入者がいなければ意味がないという事です。
3〜4社に査定してもらうとは言いましたが、その地域での不動産価値はどの不動産業者からしてもほぼ変わりはなく極端に高く査定してもらえる事は通常ありません。ましてや同じマンション内の違う部屋が過去に売買されている実績があるのなら相場はどの業者も分かっていますので、極端に価格の違いがある査定を出す業者は疑った方が良いと思われます。
複数の業者に査定に出す大きな理由として高い査定以外にもその地域でどのくらいの販売能力を持っているのかや、マンションの売買を得意としているのかを見極める意味もあるのです。売りたい物件をいつまでも抱えていても固定資産税もかかってしまいますし、あまり欲張らずに相場にあった査定をしてもらって適切な価格で販売してもらう事が早く売れるコツでもあります。

Copyright© 2010 マンション売却の心得5カ条 All Rights Reserved.