早く売りたい方は買取り保証制度を利用しよう。

買取り保障制度とは中古マンションなどの不動産物件を仲介業者を通して販売してもらう場合に売れなければ業者に買取ってもらえる制度で、早く物件を手放したい方にお勧めの制度です。通常不動産を仲介してもらう場合3〜6カ月程の期間を授ける事が多く、売れなくてその期間を過ぎれば契約を延長するか他の業者に変更する事が可能です。
ですが中古のマンションを手放す場合次の物件を購入する資金にしたい方やローンが残ってる場合も多く、早く売ってそれらを処理したいご家庭も多いでしょうし、長い期間売れないと負担にしかなりませんから業者に買取ってもらうというのはかなり良い制度だと思います。ただこの制度は査定よりも低く買取られる場合が多く、希望額に届かない場合もあるので一定期間で確実に売れる分金額的には損をするデメリットがあります。
すべてではありませんが、良心的な仲介業者ですと再販して売れた場合にサービスの一環として利益を少し還元してくれる企業もありますので、買取り保障制度を利用する場合は、サービスが充実している業者を選ぶことで損をしないで済む可能性が上がります。
買取り保障制度で買い取ってもらった場合、仲介業者がリフォームして再販する事が多く売れなかった物件が簡単に売れる場合がありますし、業者からすると自社物件にするとメリットがあるので買取り保障制度を勧めて来る業者も少なくなく、利用するかは別にしてもこの制度がある事を知っておいても損はないでしょう。

Copyright© 2010 マンション売却の心得5カ条 All Rights Reserved.