マンション売却時に必要な書類

マンションを査定してもらっていざ売却する時には色々な書類が必要となります。マンションを購入した際に渡された書類なども含まれるの、ずさんに保管していると書類を揃えられず困る事になります。仲介していただく業者によって多少違う場合もあるかもしれませんが、基本的に必須の書類としては権利証・印鑑証明・固定資産税納税通知書・マンション管理規約・ローン返済予定表を用意しなければなりません。
権利証はマンションを売却する事によって所有者が変わりますから移転登記する時に必要となります。印鑑証明は沢山の重要書類に捺印する事となるので認印ではなく実印と合わせて用意しておきましょう。マンション購入時に渡されている管理規約は購入者の方に渡さなければなりませんので売却時に必要となります。
ローン返済予定表は一括で購入したりローンが終了している場合は必要ありませんので、まだローンが残った状態で売却する方のみ用意して下さい。その他にも売却時にはすでに引っ越しをしていて登記簿に記載されている住所と現住所が違う場合も多いので住民票も揃えないといけない事も多くマンションが一人の名義ならその方だけで良いのですが夫婦で共有している場合など共有者の分も必要となります。
出来る事なら上記の書類に加えマンション購入時に部屋の設備の取扱説明書なども残してあげると購入者の方が使用方法など困らずに済むので喜ばれるのではないでしょうか。

Copyright© 2010 マンション売却の心得5カ条 All Rights Reserved.