中古マンションを売却した時の税金

マンションの売却が完了すると当然ながら年収を超える程の金額が入ってくる事になります。これに対して収益として考えられ税金がかかるのではないかと心配される方もおられるかも知れませんが、稀なケースを除けば税金が発生する事はありません。
何故ならマンションを売るという事は初めにそれ以上の金額を出して購入しており、例えば3,000万円で購入したマンションに10年住んでその後1,500万円で売れたとします。金額だけで言いますと1,500万円のマイナスですから収益には繋がっておらず課税対象外の判断となります。
ただ稀なケースとして物件や土地の価格が高騰し購入価格より高く販売できた場合は税金が発生する事があるのですが、これも3,000万円までは特別控除が認められますのでこのラインを超えた金額に対して課税される事となります。ただマンションを売る際には支払わなければならない税金があって印紙税・固定資産税・都市計画税の3種類存在します。
印紙税に関しては売買する際に必要な契約書に貼る印紙なのですが、販売価格に対して金額が変わります。固定資産税・都市計画税は1月1日時点で不動産の所有者に課せられる税金で、売買する時は売り手と買い手が日割りや月割りで折半する事もありますので、販売前にしっかり決めておかないと後々トラブルの元になることもありますので注意して下さい。

Copyright© 2010 マンション売却の心得5カ条 All Rights Reserved.